1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「遺産分割協議書にはこれを書け!①遺産の分け方」

「遺産分割協議書にはこれを書け!①遺産の分け方」

ここに遺産がある。さて、どうしてくれようか

これまでたびたび遺産分割の難しさを説いてきた。

各家庭によって事情は当然異なるものの、相続でもめる原因の多くは、

 

1)不動産など、そもそも財産が分けにくい種類である

2)遺族間のコミュニケーションが普段から希薄で、話し合いが進まない

 

が大半を占めるようだ。

それぞれのトラブルを解決する方法は既に述べたのでここでは繰り返さない(参考記事参照)。

今回は、実際にどの財産をどう分けるか、そして分けた結果をどう記録し、税務署に提出するかのアドヴァイスを示す。

 

相続が開始されて真っ先に行うべきは、誰が相続人となるのかを決め、遺産内容を確定することだ。

もちろん、遺言書があればこれらはほぼ確実に記載されている事項であり、遺漏や明白な不備が無い限りその記述内容が優先される。

 

相続人と遺産内容が決定したら、いよいよ当事者間で遺産をどう分けるかの話し合いに入る。これが遺産分割協議である。

遺産分割五つのパターン

一般に、分け方には次の五つ。

 

1)現物分割…遺産を換金などせず、そのままの形で分けること。現金や有価証券など、お金そのものや価値をお金で示しやすい財産でよくつかわれる。

2)代償分割…相続人の一人が財産を相続する代わりに他の相続人に現金を払う。

不動産や故人が営んでいた飲食店など分け難く、しかも価額が大きい時に採用されることが多い。

財産はそのまま保持しておけるため財産をお金に換えたくないときには有効だが、一人の相続人に財力が無いと難しい。

3)代物分割…相続人の一人が財産を相続する代わりに他の相続人に、自分が持っている金銭以外のものを渡す。受け取る方がもらうのは、あくまで生きている人間のものなので相続税はかからないが、所得税はかかるので注意。

4)換価分割…財産をお金に換えて遺族で分けること。自分達が望む割合で分けやすいが、そもそも現金に換えられるのか(たとえば、持ち家は売れるのか)という問題がある。

また、被相続人が住んでいた家に住み続けたい遺族がいると、その人が換金に反対するのは必定なのでもめることになる。

5)共有分割…相続人全員で遺産を共有する。

たとえば自動車を同居の家族で使いまわしたり、不動産を共有名義や分筆にするといったやり方がこれにあたる。

公平ではあるが、その財産を処分する時、遺族間で意見が対立することがある。

 

ここに挙げた方法はもちろん組み合わせることも可能で、たとえば長男が不動産を継ぐ代わりに他の相続人は骨董品などそれ以外の遺産を換金し、長男が代償分割で払いきれない分は埋め合わせすることなどもできる。

特に普段疎遠で話し合う機会が少ないご家庭では、お金という微妙な話題で話し合うのは抵抗があるだろうし、意思疎通がうまくいかないことも多々あるだろう。

だが、相続財産を放置しておくことはできないので、少しでも対立を避けるためにもお互いの意見を聞きつつきちんと話し合い、悔いの残らないように遺産を分けたい。

残された財産をめぐって親族でいがみ合うことは、故人は決して望んでいないはずだ。

 

参考記事

不動産の分け方のアドヴァイス…「不動産をどうやって分けるか――もめたくない方へ」

遺産分割協議をスムーズに進めたい…「これだけは守ってほしい、遺産分割協議の作法」

相続人が誰か分からない…「法定相続――だれが、いくらもらえるのか」

相続財産がどれだけあるのか分からない…「親の財産を手早く把握する方法」