1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「不動産をどうやって分けるか――もめたくない方へ」

「不動産をどうやって分けるか――もめたくない方へ」

こういう不動産の分け方は、もめる

親が残した一軒の持ち家を、きょうだいでどう分けるか――遺産相続の際しばしば争点となるテーマの一つだ。 実家は長男が継ぎ、下のきょうだいは形見など形ばかりの財産を貰って一件落着…という筋書きは、もはや過去の遺物。

現金と違って等分するのが困難な不動産をどうやって分けるか――この問題は、争点が価値の大きい財産である分一層もめ、それゆえ「争族」の原因となってきた。

この時解決法としてよく採用されるのが、共有名義にして持ち分を相続財産通りにするというものだ。 たとえば、両親の自宅を二人兄弟で分けるとして、その価値や権利の半分ずつを分け合うということで折れ合うのがこれに当たる。

だが、不動産を共有名義にすると、後で問題になることが多い。 第一に、共有名義の不動産は、全員の合意が無いと建て替えることも、売却することもできない(もちろん、相続した部分のみなら可能だが、住人のいる家の一部では、買い手などまずつかない)。 そのため、維持管理費用の負担や改築をめぐってトラブルになる。 また、共有者が無くなるとその縁者が引き継ぐことになるのだが、そうなると新たな共有者は従来の共有者と疎遠なことも多く、財産管理はますます滞ることになる。

不動産を分ける三つの手段

そこで、共有名義に代わって、なるべく納得する仕方で不動産を分ける方法を三つほど考えてみた。

第一に、現物分割という手がある。

これは不動産を長男が継ぎ、次男は預貯金、長女は有価証券をもらうといったように、一部の人間が不動産を相続、金銭に換算可能な残りの財産を他の相続人で分けるというものだ。

こうすれば、実家を残しておける上に管理は誰が引き受けるかでもめることも少ないだろう。

ただ、不動産がそれ以外の財産の価値を上回ることが多く、他の相続人を納得させる必要は出てくる。

次に、換価分割というのをご存じだろうか。

これは相続財産をすべて売却してお金に換え、相続人に平等に分ける方法で、これなら相続人の間で争いが巻き起こることは少ない。

実家を手放すことに遺族の葛藤はないか、不動産を売りに出したとしてすぐに買い手がつくかというハードルをクリアすれば、きわめて有効な解決策だ。

また、丸く収める方法としてしばしば推奨されるのは代償分割という手段。

たとえば、長男が3,000万円相当の実家を継ぐ代わりに次男に2,000万円、長女に1,000万円渡すというのがこれにあたる。

この方法を使えば、実家を手放すことなく、しかも財産を比較的平等に分けられえるという強みがある。

しかし、不動産を相続する人間に、この価値に見合うだけの現金を準備できるかどうかが難点だ。
以上三つの方法は一長一短があり、どれが正しいということはない。

まずは遺族で話し合い、各人の意向をくみ取ったうえでどの手段をとるのかを決めるのが最も妥当な解決策だろう。