1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「エゴイストは得をして、正直者は損をする?後悔する遺産の分け方(前篇)」

「エゴイストは得をして、正直者は損をする?後悔する遺産の分け方(前篇)」

結婚式

前回は遺産の総額を手早く、簡単に把握する方法を三回にわたってご紹介した。今回はいよいよそうして明らかになった財産をどうやって分けるかについて考えてみよう。
はじめに、次のようなケースを考えてほしい。

都内に住む拳法家、玲が同居の父を亡くしたのは今年一月のこと。
健啖家で足腰も達者だった父は、近く行われるはずだった、玲の妹哀倫の結婚式を他心待ちにしていた。
だが、悲劇は突然訪れた。玲の留守中、どこからやってきたとも知らぬ賊が彼の家を襲い、哀倫をさらっていったばかりか、父の命をも奪っていったのだ。
犯行後忽然と姿を消した男の行方は杳として知れず、手掛かりは、ただ背中に傷があったということと、常に白いヘルメットをかぶっており、「きさまの名前を言ってみろ」と、道行く人間に誰何して回るがあったということばかりだ。

妹を奪われたばかりか父までも亡くした玲の悲嘆はうかがい知るべくもないが、時は無残に過ぎ、やがて葬儀が終わり、相続となる。
哀倫は行方不明ではあるが、死亡が確定したわけではない以上、相続権はある。そこで、今回相続人となるのはきょうだいと母の三人。
財産は時価5,000万円ほどの自宅と預金・死亡保険金が4,000万円ほど。
さて、これをどう分けるか。

当初玲が考えたのは、もっとも親孝行と思われる選択肢、すなわち財産はすべて親に譲るというものだ。
夫に先立たれたいま母には生計を立てる手段はなく、手に職のある玲と比べ、今後生活が苦しくなることは必定だ。
だが財産があれば当座は暮らしてゆくことができるし、母娘は仲が良かったこともあり、これなら妹が帰ってきても、不服を唱えることはないだろう――そう踏んだのだ。
しかも、この分け方にはもう一つメリットがある。
配偶者の税額控除をフル活用できることだ。
通常、基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人の数)の額を越えた分には相続税が課されるのだが、配偶者が相続する分には、1億6千万円までは税金が一切かからない。
そのため、なまじ財産を三人で分けてきょうだいが相続税を払うことになるよりは、母に財産を譲り、税金を免れた方が賢明であるとも考えられた。

一見これは適切な判断であるように思える。しかし、父同様、母にも万一のことがあったらと気がかりになった玲は、彼女の死後の遺産相続をシミュレーションしてみた。すると……(後篇へ続く)。