1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「エゴイストは得をして、正直者は損をする?後悔する遺産の分け方(後篇)」

「エゴイストは得をして、正直者は損をする?後悔する遺産の分け方(後篇)」

ひよこクラブ

前篇のあらすじ…西斗邪拳の使い手玲は父を亡くし、当初は母に全財産を譲るつもりでいた。しかし、母の死後の相続税を計算すると……)

配偶者が全財産を相続するというのは、一見節税になるように思える。だが、長期的な視野に立つと、そうも言えなくなるのだ。

たとえば、母の死後哀倫が戻り、二人で財産をそのまま受け継ぐことになったとしよう。
すると、きょうだいで均分するとして、ひとり4,500万円、計9,000万円受け取ることになる。
すると、基礎控除の3,000+600×2=4,200万円を引いて4,800万円が課税対象となるのだが、これを相続税の速算表(こちらを参照)にあてはめて計算すると、二人で760万円、つまり一人当たり380万円もの相続税を払わなくてはならなくなる。

一方、父が亡くなった時点が三人で財産を等分し、3,000万円ずつ受け取った場合、まず母はやはり相続税を免除され、きょうだいは合計640万円の税負担。
最初に母が全て受け継ぐよりは軽減される。
さらに、父の死亡時に玲が全財産を相続していたらどうなるか。
この場合、彼は「小規模宅地の特例」を使うことができる。これは親の土地や建物を子が使い続けるとき評価額を最大80%まで下げることができるという制度であり、これを活用すれば持ち家は5,000÷5=1,000万円の財産とみなされ、他の財産と合わせて5,000万円相当を一人で相続する計算になる。
すると、相続税は基礎控除額を引いて計算し、20万円で済んでしまう((5,000-4,800)÷10=20万円)。

要するに、親孝行に思えた遺産分割が結果的には最も多額の相続税を背負い込む選択肢となり、逆に玲が私利私欲をほしいままにするなら、相続税は最も少なくて済むことになる。
もちろん、ここに挙げた例はごく簡単な計算に過ぎず、込み入った事情は捨象してある。
たとえば、実際には母の没後は財産が増減しているはずだし、玲に子供や養子ができるなどして相続人の数も上下するだろう。そうなれば、相続税の計算も改めて行わなくてはならない。
さらに、今回は遺産を均分できるという前提で考えたが、実際には不動産を均等に配分するのは困難だ(共有名義や分筆にすると、処分の際もめ事が起きることがある)。

しかし、次の二つだけは確かだ。目先の利益あるいは一部の人間の便宜を図った相続は、結果的に損失を招きかねない。
そして、このような事態を防ぐためにも、特に親の財産を相続する際は二次相続(二人目の親を亡くした時の相続)を踏まえた相続を考えるべきだろう。
参考記事:http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXMZO8449270017032015PPE001&df=1