1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「こんなときどうする?よくある相続の悩み③」

「こんなときどうする?よくある相続の悩み③」

金塊

 

さて、相続税はかからずとも相続にはかかわることになるため、相続財産について把握しておくことは必須だ。

代表的な相続財産の一つの不動産があるが、これをどう分ければよいのか頭を悩ませる方が少なくない。

というのも、現金や、換金しやすい株式などとは異なり不動産はお金に換えがたく、しかも平等に分けるのも難しい。

たとえば、二階建ての家を一回は配偶者、二階が子供が相続する、つまり共有名義としたら、売り渡す時に二人が合意しなくてはならず、もめることになるかもしれない。

また、一部の相続人が持ち家に住み続けるとしたら、他の相続人には不動産に代わる財産を譲らなくては不公平になるが、何千万円という価値のある不動産に代わる財産を渡す準備が相続人にあるかどうか……など、悩みは尽きない。

 

では、この厄介な財産をどう分けるか。

第一に、現物分割という手がある。

これは不動産を長男が継ぎ、次男は預貯金、長女は有価証券をもらうといったように、一部の人間が不動産を相続、金銭に換算可能な残りの財産を他の相続人で分けるというものだ。

こうすれば、実家を残しておける上に管理は誰が引き受けるかでもめることも少ないだろう。

ただ、不動産がそれ以外の財産の価値を上回ることが多く、他の相続人を納得させる必要は出てくる。

次に、換価分割というのをご存じだろうか。

これは相続財産をすべて売却してお金に換え、相続人に平等に分ける方法で、これなら相続人の間で争いが巻き起こることは少ない。

実家を手放すことに遺族の葛藤はないか、不動産を売りに出したとしてすぐに買い手がつくかというハードルをクリアすれば、きわめて有効な解決策だ。

また、丸く収める方法としてしばしば推奨されるのは代償分割という手段。

たとえば、長男が3,000万円相当の実家を継ぐ代わりに次男に2,000万円、長女に1,000万円渡すというのがこれにあたる。

この方法を使えば、実家を手放すことなく、しかも財産を比較的平等に分けられえるという強みがある。

しかし、不動産を相続する人間に、この価値に見合うだけの現金を準備できるかどうかが難点だ。 以上三つの方法は一長一短があり、どれが正しいということはない。

まずは遺族で話し合い、各人の意向をくみ取ったうえでどの手段をとるのかを決めるのが最も妥当な解決策だろう。