1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「遺産分割あるある集――よくある遺産分割の疑問②

「遺産分割あるある集――よくある遺産分割の疑問②

相談2

 

Q.2遺言書と異なる内容で遺産分割することはできますか。

A.2相続人全員の同意があれば可能です。たとえば、子ども二人と配偶者で財産を分けることになっても、子ども一人につき財産総額の、配偶者はで……などと杓子定規に考えずとも、

自宅の土地建物は配偶者が受け継ぎ、株式は長男、預貯金は次男に渡すというわけかtもできます。ただ、ここで問題となるのは、遺言書とは異なる仕方で遺産分割するとして、はたして合意が形成されうるのかということです。特に不動産や自家用車など、換金せずにそのまま使い続けるような財産を分けるとなると論争が起こり得ます。一般に、財産を分割する方法は次の三つです。

 

現物分割…遺産をあるがままの形で分配。この方法で遺産分割を行うのが原則とされるが、事情が許さないことも多々ある(たとえば、持ち家を法定相続分通りに分けるのは難しい)。

代償分割…一部の相続人が、本来の相続分を越えて相続する代わりに債務を引き受け、超えた分の相続財産額に匹敵するお金などを他の相続人に渡すこと。

換価分割…財産をお金に換算・監禁して分けること。たとえば、不動産を売却して発生したお金を分けることがこれにあたる。

 

自宅などを分ける場合、代償分割が取られることがよくあります。確かにこの方法ならい境になることは少ないのですが、次のい条件を満たしている必要があります。

・遺産が細分化困難であること。

・共同相続人の間で代償金支払いに異存がないこと。

・遺産の評価が相続人の間でおおむね一致していること。

・遺産を取得する相続人に、債務の支払い能力があること。