1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「相続財産の評価⑤家屋の評価」
2015.12.20
 

「相続財産の評価⑤家屋の評価」

さて、故人の自宅が相続財産として残されることはよくある話だが、顔kはどのように評価さえるのか。基本的には固定資産税評価額がそのまま適用されるのだが、建設中の家屋についてはその費用原価に0.7をかけたものが評価額となる。ここで費用原価というのは、被相続人(故人)が死亡するまでに建設のために投下された費用を指す。