1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「相続と贈与――その違いは?①」
2015.03.02
 

「相続と贈与――その違いは?①」

子供が親からお金をもらったり、祖父母が孫に小遣いをやるといった状況は、日常しばしば遭遇する場面だ。民法では、これらは贈与と呼ばれる行為の範疇とされる。贈与とは、民法の規定に従えば「当事者の一方が自分の財産を無償であ手形に与える意志表示をして、相手方が受託することによって効力が生じる」法律行為を指し、書面の有無を問わず生じる。つまり、親が子供に家を譲ると書面ではなく口頭で約束しても、それが互いに信頼できる状況下(平たく言えば、冗談ではなく本気で)なされ、かつ客観ていな証拠によって贈与の事実を立証できる場合、この贈与は成立することになる。