1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 「法定相続――だれが、いくらもらえるのか」

「法定相続――だれが、いくらもらえるのか」

札束

民法で決められた配分方法(法定相続分)のうち、最も多く用いられるのが次の3パターン。

1.配偶者と子が相続する場合…全財産を折半する(子供が複数いる場合、配分された財産を均分する)
2.配偶者と親が相続する場合…配偶者が3/2、親が3/1を受け取る(実父と義父の優先順位は同じ。そのため、被相続人と配偶者の両親が存命の場合、3/1を四人で分ける)。
3.配偶者ときょうだいが相続する場合…配偶者が4/3、きょうだいが4/1を受け取る(被相続人のきょうだいと、配偶者のきょうだいの優先順位は同じ。そのため、それぞれのきょうだいが一人ずつ存命の場合、4/1を折半する)。
なお、それぞれのパターンで配偶者が死亡している場合、1では子、2では親、3ではきょうだいが全財産を相続する。

今一つ注意したいのが、被相続人の子と、被相続人のきょうだいがどちらも存命というように、優先順位に差がある法定相続人がいる場合、遺産分割協議で合意しない限り順位が低い方は相続できない。
つまり、上のケースでいえばきょうだいは原則として遺産を受け取れないので気を付けよう。

最後に、法定相続人の典型的なパターンと、それぞれの場合の取り分を8つ紹介する。もしいずれの場合にもあてはまらなければ、こちらの無料相談を活用されたい。

行政書士が実名で、責任をもってお答えしよう。

 

図1図2図3図4

図5図6図7図8