1. ホーム
  2. お役立ち情報

相続に関わる情報を提供相続お役立ち情報局

相続ドットコム独自の視点から相続に関する情報をお届けします。

新着の記事

  被相続人が生前からできる相続対策としては、第一に、不動産など分けにくい財産を現金化しておくことがある。もっとも簡単なのは現金化することだが、愛着のある不動産や経営している会社の株式など、…

カテゴリ: , ,

被相続人としては、自分が去った後に相続人がもめているという状況は想像したくないものだが、事情によってはやはりもめてしまうのが現実だ。どんなに家族関係が良好であっても、そして財産額がどんなに少なくてもお…

カテゴリ: ,

遺産分割でもめることが多い原因としては、親子やきょうだい間で意見の対立や立場の違いがあることがあげられる。兄弟は通常生まれた時期も状況も異なっており、その後の親子関係も各人各様だ。たとえば、長男は大学…

カテゴリ: ,

一方、株式はどのように処分すべきか。被相続人の経営する会社の株式は、理論上は分割可能だ。しかし、株式を取得した相続人には株主権が発生し、会社の経営に関与することが可能になる。持ち株割合が過半数になると…

カテゴリ: ,

遺産を分けるにあたっては、そのような財産があるのか、そしてそれをどう分けるのかについて遺族の間で話し合う必要があり、それを遺産分割協議というのだが、その際話し合いがうまくいかず、もめてしまうことがある…

カテゴリ: ,

配偶者以外にも相続税が安くなる人はいる。まず未成年者は(20―相続開始時の年齢)×六万円の控除が認められ、障害者については(70―相続開始時の年齢)×6万円 (一般障害者の場合。特別障害者なら、(70…

カテゴリ: ,

配偶者や子供など、相続の優先順位が高い人物がいない場合、相続権は故人の直系尊属やきょうだいに回ってくるのだが、一親等の血族(子供や親)、配偶者以外の相続人や受贈者は、相続税額が二割増しとなるのだ。 逆…

カテゴリ: ,

配偶者の税額控除とは配偶者が相続税において優遇されることで、その相続した分について遺産総額の法定分割合か、1億6,000万円のうちいずれか多いほいの範囲内で相続税をかけないというルールがある。ただ、何…

カテゴリ: ,

相続税同様、贈与した財産に関しても非課税となる財産の種目が定められている。具体的には、(1)香典や祝儀など社会通念上認められる範囲での贈答、(2)必要と認められる範囲の贈与社からの生活費や教育費、(3…

カテゴリ: ,

さて、相続と贈与の違いはどこにあるのだろうか。一言で言うなら、相続は被相続人の死後なされるのに対し、贈与は被相続人の生前でもできるということだ(これを生前贈与といい、遺言書などで死後に行う贈与である遺…

カテゴリ: , ,